効果的な歯科の看板の作り方

歯科の看板をどのように作り提示するかにより、
それを見て来院する患者数も大きく変動するようです。
基本的に歯医者と言うのはなかなか(>_<)行きたくない場所ですよね。
また、口の中を触れたり見られたりするので、
清潔感がなくては(>_<)嫌なものです。

また、歯科もあちこちにたくさんあるので、
ありふれた「歯医者」という文字だけでは(^_^;)そそられません。

もちろん昔からある町の歯科となると、
高齢の方が定期的に訪れるとは思いますが、
新たに歯科を新設し、患者数を増やそうと思うのなら、
歯科の看板に魅力的な雰囲気を持たせる必要があります。

若い女性をターゲットとする場合は、
横文字で、シンプルなものがいいかもしれませんね。
さらに、目立たせようとカラフルでポップな感じにしてしまうと、
「歯科」と雰囲気がかけ(ーー;)離れるため、歯医者であるという事に
気づかれにくくなるという欠点があります。

清潔感を売りながら、歯医者であることを認識させ、
人が入りやすい雰囲気づくりが大切なのです。

やはり歯科なのだから、歯科の看板は白やシルバーなどを
多めに使う方がいいかもしれませんね。
ただ、白だと空とも同化してしまい、(>_<)目立たなくなってしまいます。

立体的にしたり、幾何学模様を利用したり、
光と影をうまく使うなどして、お洒落でシンプルだけど
目立つという歯科の看板作りを目指しましょう。

その歯科の看板の位置も重要です
目立たない場所にひっそりあっても、気づかれにくいので、
入り口近くだったり、道路に面した所に立てると(*^^)v効果的でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加